高齢者住宅のあり方を考える

日本は少子高齢社会に直面しています。
子供の数が年々減少し、高齢者が増えてきています。
それにつれて日本の人口が減少傾向にあります。
これは経済発展を遂げた国家としては仕方のないことであると考えられています。
さて、こうして人口の減少が進むと住宅の供給過剰になります。
また高齢者の一人暮らしが増えていきます。
これは高齢者同士や地域とのコミュニケーションの疎遠、孤独死につながっていきます。
これからは高齢社会を問題視し、対策をとっていく必要があります。
そのためには高齢者に対応した住宅づくりや街づくりが必要不可欠です。
高齢者住宅を普及させ、要介護高齢者以外で家族が面倒をみたり、バリアフリーを考えた家のつくりを追求していくことが重要だと思っています。
そしてバリアフリーなどを考えた高齢者住宅はまだまだ費用がかかるという問題もあり、普及や費用といった面で国が政策を考え、援助をしていくことが必要だと考えています。
5年後、10年後、高齢社会はますます進んでいるでしょう。
そのときに少しでも安価にバリアフリー設備などを考えた高齢者住宅が普及していて欲しいと思っています。